会社設立のウソ?ホント!

会社の名前は何でもいいの?

会社の名前は何でもいいの?

答えはYES!!大まかに言うとYESです。なぜ大まかかというと・・・いくつか決まりがあるからです。それさえしっかりと押さえておけば、あとはどんな名前をつけても大丈夫♪では、さっそくその決まりからご紹介しておきましょう。

名前に関する決まり

会社名の事を、正式には「商号」と言います。その商号を決める際には、いくつかの注意点があります。そのひとつが、同じ住所で同じ商号は使えないというものです。そのため、商号の候補があがったら、まずは同じ市町村内に同じ商号の会社が無いかどうかをチェックしましょう!このチェックのことを類似商号調査といい、法務局で行うことができます。といっても、もし同じ商号があっても、その本店所在地である住所が同じでなければ登記することができます。

いくら同じ住所でなければ登記できるからと言って、他の会社と同じ商号にするなんてちょっと変ですよね。同じ商号のお店がいくつもあると紛らわしくなってしまいます。また、もしもその名前をわざと活用するために同じ商号にするなんてケースも起きかねませんよね。そんなケースを防ぐために、商号に関して定められていることがあります。それは、まるで他の会社であると誤解されるような不正目的の商号は使用禁止ということです。 もしも、誤解されるようにわざと似たような商号をつけているのであれば、それは許されない行為です。また、もし不正でなくても似たような商号をつけてしまうと、自分の会社が目立たなくなってしまいますよね。商号は、あなたの会社だとひと目でわかるように、あなたの会社にあったふさわしいものをつけましょう!!

次の商号に関する決まりは、記号です。商号には使用できる記号が決められています。その記号は「&」アンド、「・」なかてん、「’」アポロストロフィー、「-」ダッシュ、「.」ピリオドの5つの記号です。この記号に加え、漢字はもちろん、ひらがな、カタカナ、ローマ字、アラビア数字などは商号に使うことができます。そのため、上記にある点さえ気を付けていれば、よっぽどじゃない限りどんな商号でも登記することができます。ただ、一般的に考えて、強盗株式会社とか、密売○○会社などのような公序良俗に反するものは商号には使えませんので気を付けましょう!

商号は会社の顔でもあります。会社の顔に似合う、ふさわしい商号を付けましょう。もし会社設立後に名前がしっくりこないと感じる場合は、登記手続きの変更を行うと、商号を変更することができます。その場合は、最初に商号を決定した時と同じように、類似商号調査を行い、登記の変更を行います。そのときは、やはりまた同じように費用もかかりますので、できるだけ変更のないように商号をつけた方がよいでしょう。

recommend





Last update:2019/12/11