会社設立のウソ?ホント!

新会社法って何が変わったの?

新会社法って何のこと?

新会社法ってご存じですか?会社設立に深い関わりのある法律です。「新」がついているところからわかるように以前までの会社法が改正され、平成18年度より新しくなった会社法のことです!!

新・旧会社法が異なる点

会社法が改正され、様々な点が旧会社法とは異なっています。旧会社法は、ひとつの法律ではなく、会社に関する様々な法律から成り立っていました。そのため、利便性に欠ける点も多かったようです。そこで、時代の変化と共に、良い会社法をということで、新会社法ができたのです。

新会社法が旧会社法ともっとも異なる点は、資本金です。新会社法では最低資本金規制が廃止され、「1円」から会社を設立することが可能となったのです!!これは驚きですよね。だって、今までの最低資本金規制では、株式会社の場合は最低でも1,000万円の資本金が必要とされていました。また、有限会社の場合は、最低でも300万円の資本金を準備しなければいけませんでした。300万ならまだどうにかできそうですが、1,000万円となると、頑張らなければ集められない金額ですよね。そのため、あらゆる金融機関にお金を借り入れし会社を設立している方も多くいました。しかし、新会社法への改正によって資本金の額を自由に決めることができるようになりました。1,000万円は無理でも、300万はどうにかなると言う人が株式会社を設立できるようになったのです。

次に、新会社法が旧会社法と異なる点は、有限会社です。新会社法では、有限会社の廃止が決定となりました。つまり、新しく有限会社を設立することができなくなりました。以前までは、資本金の問題や、従業員の数の問題などさまざまな理由から株式会社の条件には満たないけれど、小規模な会社として、有限会社が設立されていまいた。しかし、新会社法では、その設立の条件が大きく変更したために、有限会社は株式会社としてまとまることになったのです。今まで有限会社として設立された会社に関しては、そのままの名を残して運営することが可能です。そのかわり「特例有限会社」となります。また、有限会社を株式会社へと変更も可能ですので、その場合は、定款の変更手続きを行いましょう。

その他に異なる点は、取締役の人数に関する点です。旧会社法の場合は、最低3人の取締役が必要とされていました。そのため、配偶者や、家族、親戚などに無理を頼んで取締役の数を集めていた方もいたようです。しかし、新会社法では取締役は1人でも良いとされ、取締役1人で会社を設立することができるようになりました。1人ということは、自らが取締役となり会社を設立することができますので、無理を言ってお願いする必要もありません。また、取締役会という集会を行わなくても良いようになったので、以前のように、3ヶ月に1回の強制的な集会をする必要はなくなりました。

Favorite





2019/7/10 更新